インフォトップモバイルがアフィリエイターの収入を公開しなくなった件

インフォトップモバイルがアフィリエイターの収入を突然公開しなくなった件に関して怒っているわけですが。

私の記憶では、数か月前に見た記憶で恐縮なんですが、

トップの売り上げが月かトータルか忘れましたが、17か18万円だったと思います。ブランドを持たないアフィリエイターなら0に近いでしょうね。今じゃ確認する術がありません。驚くほど少なかったと思います。私もモバイルでは、数えるほどしか売れてないです。

情報商材が携帯であまりに売れないために、インフォトップが取った戦略がLmo(エルモ)。ここで再起を図るわけです。まぁ、ここのアフィリエイター達の売り上げも把握していたわけですが・・・。やはりという印象です。

で、最近、このLmoとインフォトップモバイルが突然、アフィリエイターの収入を公開しなくなったわけですよ。


理由は明白なんですがね。あまりに儲けが少ないために、公開しない方が賢明と判断したんでしょう。


こんなことをしたらどうなるかわかりますか?

「携帯市場で情報商材が売れる」と言い出す情報商材が出てくるに決まってますよ。奇しくも、ドンピシャでそのような情報商材が売り出されましたし・・・。

以前は、携帯で情報商材を売って月数十万稼げる系の情報商材があったんですが、その商材家たちって、揃いも揃って売上げトップの収入よりも多いわけです。笑っちゃうでしょう。アフィリエイターならクリック1つで確認できちゃうわけです。

現実的に、こんなのあり得ない話で、「馬鹿じゃねえの?(笑)」とか掲示板で笑われて認知されていたわけです。自浄機能が作用していました。

しかし、売上を公開しなくなれば、もう確認しようがないわけです。携帯で情報商材が売れると聞けば、それを信じちゃう人もいるだろうし。私も、売れないとは断定できないわけですから・・・。


そもそも、携帯電話の小さな画面で数万もするような怪しい情報商材が売れるわけない。携帯と情報商材は相性が合いそうで全く合わないってのがぶっちゃけた感想なんですが・・。


だから、その種の戦略(市場)が確認できない類の情報商材は、信用しない方がいいですね。

私としては、確認できない形に落とし込んだり。クレームが来ない方法で、購読者を騙す商材家に頭に来ているわけです。

無論、詐欺系の情報商材って、内容を明かさないわけで、どうやって確認したらいいか。

やはりこれに頼るしかないか・・・。

E-BOOK白書(イーブック白書)2010-2011/ネットビジネス編

というわけで、今、E-BOOK白書にハマっています。2010-2011だけでも4200ページを超えているし、時間がこれに忙殺されています。



タグ:E-BOOK白書
posted by オススメASP比較 at 00:40 | Comment(0) | 携帯アフィリTIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。